top of page
  • はしもとあや

東深井古墳の森公園案内MAP 看板イラストを制作しました

流山市役所まちづくり推進部みどりの課さんよりご依頼いただき、東深井にある古墳の森公園の案内MAPを制作しました。公園施設や屋外施設の設計・施工・メンテナンス等をされている株式会社ヤクワさんにて印刷・設置いただいております。



設置いただいた場所にはもともと「東深井古墳の森案内図」がありましたが、屋外で経年劣化がすすみ、立て替えに際してイラスト制作のお声がけをいただきました。


古墳の森公園には行ったことがありましたが、どの古墳がどこにあるかや、全体としてどのくらい広さなのかなど、詳細をほとんど把握していなかったこともあり、まずは実際歩いてみるところからスタートしました。「利根運河の生態系を守る会」の新保さんが公園を歩いて作ってくださった地図を片手に、ここが14号墳かぁ〜とか、あそこから見える景色ってここだったのかぁ〜などなど感嘆しながら楽しく散策。



その時浮かんだ一番の感想は「この公園は緑がたくさんあって、森みたいで気持ちがいいな」ということでした。慣れた足取りでのウォーキングや健康遊具(体を鍛えることや健康づくりを目的とした大人用遊具)で体を動かす方が何人もいらっしゃり、この公園を利用したいと考えるお気持ちがよく分かりました。


6〜7世紀に造られた東深井古墳群として流山の歴史を感じられる場所であり、今は緑にあふれた気持ちのよい公園であること、この2点を中心に、明るい雰囲気で経年劣化で色落ちしても看板として成り立つようにしたいと考え、今回のイラストになりました。


散策の際には、ぜひ看板をパシャっと撮影して、手持ちの地図としても使っていただけたら嬉しいです!私自身が新保さんの地図を拝見しながら散策し、公園に特化した地図を手に持って歩くと発見があって楽しいなーと感じまして、皆さんにもその楽しさをぜひ味わっていただけたら…と思っています。


緑わんさかな夏もいいし(さながらジブリのよう)、冬枯れも趣深いです。すぐ近くに森の図書館もあって、東深井古墳の森公園はゆったりまったりなおでかけにぴったり。ぜひ足をお運びください!


なお、もともとの看板は、当時の市役所職員さんが描かれたそう…精密ですごすぎます…

閲覧数:20回0件のコメント
bottom of page